エッグアート

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 11:50

5月29日、オープンスペースで、「エッグアート体験」を行いました。

この春から定期的に来てくださっているボランティアさんがとても多趣味な方で、4月には書道体験をしてくださいました。「身近な材料でみんなで楽しめるものを」ということで、今回は卵の殻に絵を描いて楽しみましょうということになりました。

卵に穴をあけて、中身を取りだし(中身はもちろんおいしくいただきました)、ラップの芯を切ったものを台座として貼り付けて、と事前の準備がたくさんありましたが、固いラップの芯を切る作業を、男性の利用者さんが手伝ってくださったり、見本の作品を見て、「いつやるの?」「どうやって中身を出したの?」と興味を持って聞かれる場面もありました。

 

下準備が済んだ卵。

 

そして当日、オープンスペースを開けてすぐに、ボランティアさん、スタッフも驚くくらい、たくさんの人が集まってこられました。「しばらく忙しくて来られなかったけど、今日はどうしても来たかったんです」と言う方もいて、皆さん楽しみにしてくださったことが分かりました。

油絵具で描くテーブルと、ペンや色鉛筆で描くテーブルに分かれて、「絵心がないから困ったな〜」と言いながら、皆さん集中して描いていました。油絵具は初めて触れる人が多く、発色の良さも含めて楽しまれていたようです。

「自分は描かない」という人も、みんなの様子をのぞきに来ては「いいごだ」「きれいだね!」と声をかけていました。

 

 

台座にリボンを結んで、色とりどりの卵ができあがり。

 

仕上げにラッカーをかけて、次の日から皆さんにお持ち帰りいただきました。

楽しい思い出とともに、皆さん大事そうに抱えて帰られました。

身近にあるものを、素敵な作品に生まれ変わらせる楽しみを味わうことができました。

 

2019お花見

  • 2019.04.11 Thursday
  • 12:22

やっと東北にも桜の便りが届き始めたと思ったら、10日夜から雪が降り積もり、一面の雪景色となりました。

今年は冬がなかなか去っていきません。これが最後の雪になるといいのですが・・・

 

雪が降る前の10日日中、石巻ベースはお花見を行いました。

去年はマイクロバスを借りて遠足に行きましたが、席数に限りがあるため、今年はベースの徒歩圏内、日和山公園に現地集合ということにしてみました。とはいっても、歩くのは大変!という方のために、ベースから車での送迎も行うことにしました。

ご近所という気楽さもあってか、これまでの遠足に参加したことがなかった男性たちも参加され、また、以前仮設住宅のお茶会で関わっていた方にもお声掛けをしたところ、お一人が参加され、参加者の中にお知り合いが何人かおられて、出発前から笑顔が見られました。

 

数日前から冷え込んでいたので、お天気と桜の開花状況が気になっていましたが、朝、曇り空ではあるものの風がなく「これなら大丈夫そうだね」とスタッフはまずひと安心。

公園では斜面いっぱいに植えられているソメイヨシノはまだ開きかけでしたが、早咲きの桜や梅、つばき、そして大きなしだれ桜一本がきれいに咲いていました。皆さん、到着すると「あらーきれいに咲いてたね!」「実は日和山公園でお花見するのは初めてなんだよね」と言いながら、あちこち散策していました。(ちなみに、日和山公園はツツジの名所でもあります。)

 

 

全員そろって、まずは桜の下で記念撮影。そして温かいお茶とお弁当をいただきました。食後、誰からともなく「歌って!」と声がかかり、みんなで「花」「さくらさくら」を合唱。民謡の大変上手な女性が「港節」(石巻の風物が盛り込まれた民謡)を歌うと、いつもオープンスペースでは静かに新聞を読んでいる男性が「ドンパン節」を披露してくださり、そのうちに「よし、踊ろう!」という声があがって、みんなで「大漁唄い込み」に合わせて「大漁踊り」を踊りました。毎年、石巻の「川開き祭り」で踊られるものですが、みんなうろ覚えで、「なんだっけ?」「なんだかおかしいね」と笑いながら踊りました。お隣でお花見をしていたグループにも、「まざらいん!」と声をかけて踊りの輪に加わっていただきました。

 

 

体が冷える前に、1時間半ほどでお開きとしましたが、その後、大多数の方がベースのオープンスペースへ移動されました。帰りの車の中で、「良かったね」「楽しかったね」という声が皆さんから出て、嬉しくなりました。

皆さん、オープンスペースに着いて温かいお茶を飲みながら、お花見の余韻に浸って、たっぷりとお喋りをして過ごしておられました。終始、笑顔が絶えない一日となりました。

今回はボランティアさんの参加がなかったのですが、参加者の皆さんが自然に荷物運びをしてくださったり、声を掛け合ってくださったおかげで、とてもスムーズに、和やかな雰囲気で時間が過ぎていきました。「カリタスで出会った仲間たち」が、お互いを大切に思いあう温かい空気で包まれているように感じました。

 

新年度初のイベントは成功!ということで、この後も、いろいろな可能性を探りながら、誰もが安心して楽しめることを考えていきたいと思います。

 

マレット修理講習会

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 11:10

桜の便りが聞こえてきたと思いきや、週末は雪が積もり、宮城は冬に戻ったような気温が続いています。

オープンスペースに来られた方も、「クリーニングに出してしまっておいた冬物のオーバーをまた出して着てきた」とおっしゃるほど。本格的な春が待ち遠しくなります。

 

3月28日・29日、石巻ベースのオープンスペースでは、「マレット修理講習会」が行われました。

「マレット」は様々な打楽器のバチのことです。

これまで、仮設住宅やオープンスペースで何度もコンサートを開いてくださっている「すすきだ音楽隊」のメンバー、すすきだ真樹さんが2月にたまたまベースに立ち寄られ、様々な手作業を楽しんでいる皆さんの様子を見て、「私が指導している石巻市の釜小学校の生徒たちのために、マレットの修理を手伝っていただけませんか」と相談してこられたのです。一生懸命に練習をするとマレットはそれだけ摩耗してしまうのですが、子どもたちの手で修理をするのは難しいのだそうです。

さっそくオープンスペースで、手伝ってくださる人を募ったところ、10人ほどの方が手を挙げてくださいました。

 

1日目はティンパニ・マレットの講習会。

すすきださんご夫妻と、講師として仙台フィルハーモニー管弦楽団の三上恭伸さんが来てくださいました。

ティンパニ・マレットは、「ダンバー・フェルト」という楽器用のフェルトを使います。

 

 

 

2日目は、マリンバ・マレットの講習会。

この日の講師は誉田広耶さんが務めてくださいました。

 

マリンバ・マレットには、毛糸をまいていきます。

両日とも2時間ほどの講習でしたが、参加者の皆さんはとても集中して取り組んでいらっしゃいました。

 

できあがったマレットで、シロフォンを鳴らす参加者の皆さん。

誇らしげな表情でした!

釜小学校の子どもたちも参加してくださり、衣替えしたマレットを手にして嬉しそうでした。

 

これからどのくらいのペースで修理の依頼があるか分かりませんが、オープンスペースの利用者さんたちが楽しみながら、地域の学校、子どもたちとのつながりが続いていくといいなと思います。

新たなご縁ができたことに感謝です。

 

東日本大震災から8年

  • 2019.03.18 Monday
  • 14:42

東日本大震災発生から丸8年が経ちました。

3月11日は、石巻では朝から強い雨でした。

震災発生の14時46分、震災で亡くなった方への追悼と復興を願い、オープンスペースで祈りをささげました。

 

14時46分を前に、スタッフのシスターから祈りのメッセージ

 

海の方に向かって黙とうを捧げました。

 

オープンスペースには、花とろうそくを飾り、メッセージボードを作りました。

マリア様の絵は、オープンスペースの常連さんが描いてくださいました。

周りには、ボランティアさん、利用者さん、スタッフがそれぞれ書いたメッセージを貼りました。

 

この写真は後日撮影。千葉県の茂原教会からいただいた寄せ書きも、一緒に飾らせていただきました。

 

8年という月日が経っても、大きな悲しみは消えることはありません。

この年月の間に、新たな困難や寂しさに直面している方もいらっしゃいます。

私たちができることはほんの小さなことかもしれませんが、オープンスペースに来られる方々、戸別訪問などでお会いする方々がひとときでも安心して過ごしていただけるように、また、日本中、世界中から応援してくださる方々がいることをお伝えしながら、これからも活動を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで作って おいしく楽しく!

  • 2019.02.14 Thursday
  • 14:31

立春が過ぎ、窓から入る日差しが少し強くなってきたような気がしますが、石巻は風が強い! 

オープンスペースに来られる方々は、ある方は帽子をしっかり押さえて、ある方は自転車で風に向かいながらやって来ます。オープンスペースに入ってくると、皆さんホッとした顔をされます。

 

2月13日、石巻ベースでは、みんなで作って食べる昼食会として、「お好み焼き大会」を行いました。

先月のはっと汁のおふるまいの時、「みんなで食べるとおいしいね!」という声が印象的で、今度は参加者の皆さんにも作ってもらったら、もっと盛り上がるのでは、と企画しました。

 

材料の準備のために、事前に参加者を募ったところ、34名のお申し込みがありました。

フライ返しやホットプレートを貸してくださる方もいて、準備は万端!

 

当日、来られた順にくじを引いてもらい、「ねこ」「うさぎ」「いぬ」「にわとり」「ひつじ」5つのテーブルに分かれていただきました。ふだんのオープンスペースとは違って、新鮮な顔ぶれとなりました。

各テーブルから代表の方に出ていただき、まずは材料のキャベツ切り。自ら立候補した男性が、見事な包丁さばきでキャベツを刻む様子に、周りから驚きの声が上がっていました。

 

 

大きなボウルいっぱいにできあがった生地に、豚肉やシーフードをトッピングして、それぞれのテーブルで焼き方が始まりました。

うまくひっくり返すと「ワー!うまい!」とそのたびに拍手が起こるテーブル、今か今かと焼き上がりをじっと見守るテーブル、とそれぞれ様子が違いましたが、焼きあがったお好み焼きを、皆さん「最高においしい!!」と喜んで召し上がっていました。

 

 

ボリューム満点で、皆さんどのくらい食べられるかな?と少し心配だったのですが、2枚、3枚と皆さん箸が進んでいました。大人数での食事はやはり幸せなことだと感じました。

皆さんの協力で後片付けもスムーズに終わり、午後は通常のオープンスペースの形に戻りました。

お好み焼き大会からそのまま残って午後も過ごされた方も多く、いつもの指定席ではなく、お好み焼き大会のテーブルのメンバーで自然に集まって楽しく過ごしている方々がいて、良いきっかけになったように感じました。

 

2月後半はイベントはありませんが、いつものオープンスペースを変わらずに開けていきます。

震災から丸8年となる3月11日(月)は、祈りの一日として、オープンスペースに祈りの空間を作ります。

どなたもお入りいただけます。

ご一緒にお祈りいただける方はぜひお越しください。

 

2019年新春 楽しくおいしいイベントが続いています

  • 2019.02.05 Tuesday
  • 16:16

年明けから、石巻ベースでは楽しい企画が続いています。

2019年最初の更新ですが、どーんとご紹介します。

 

1月9日には、新春イベントとして「はっと汁のおふるまいと映画会」をしました。

「はっと」は「ひっつみ」とも言いますが、分かりやすく言えば「すいとん」。小麦粉を練った生地を手で薄くのばしながらちぎり、様々に味付けをして食べます。「寒い時期だから、お腹にたまって温まるものをみんなで食べよう」とスタッフで話し合い、具だくさんのお汁にはっとを入れた、おいしいはっと汁を作りました。

お昼には、午前中から手芸をしていた人たちを中心に20人ほどの人が集まり、アツアツのはっと汁をいただきました。全員おかわりをしてくださり、中には「4杯食べた」という方も! 「いつも昼ごはんは一人で食べているけど、みんなと食べるとおいしいね!」「わたしも!」という会話を聞き、企画して良かったと思いました。

その後、ホールで「ALWAYS 三丁目の夕日」を上映しました。昭和30年代の懐かしい風景と、人情味あふれるストーリーに、笑いと涙、「昔はこうだったね」「懐かしいね!」という声も聞こえ、楽しいひとときとなりました。

 

はっと汁の写真は撮り忘れましたが…

 

昼食をみんなで食べる機会をまた作りたい・・・と思っていたところに、カリタス南三陸ベースから、「去年、私たちが育てた天日干しのササニシキをみんなで食べるイベントを、石巻でやりませんか」というお誘いがありました。南三陸ベースでは、去年、休耕田を借りて、今は栽培する人が減ってしまったササニシキを育てて、周りの農家の方がビックリするくらい、立派なお米をたくさん収穫したのです。南三陸町とベースがある登米市で、新米を食べるイベントを行い、皆さんに喜ばれています。

石巻ベースでもおいしいササニシキのおにぎりをみんなで作って食べましょう、ということになり、1月30日、「おにぎり大会」を行いました。

オープンスペースに来てくださっている常連の女性たちが朝早くから集まってくださり、豚汁づくりをしてくださいました。南三陸ベースの皆さんが持って来てくださったササニシキを炊き上げ、いそいそと集まってこられた参加者の皆さんがそれぞれ、自分のお腹に合わせたおにぎりを握り、豚汁とともに舌鼓を打ちました。「ササニシキは20年ぶり」という方もいて、皆さんとても喜んでいらっしゃいました。

 

 

南三陸ベースの皆さんは、これまでに草木染め体験などでオープンスペースに来てくださっているので、利用者さんも顔を覚えており、気軽に会話が生まれていました。

活動の中で、カリタスベース同士での交流ができたことは、とても嬉しいことでした。

 

2月に入り、今年の節分はベースがお休みの日曜日にあたっていたため、翌日の4日に、オープンスペースで豆まきをすることになりました。「豆まきをやろうかと思っているんだけど」とオープンスペースで話題を出すと、何人かの方が鬼のお面を提供してくださり、「せっかくなら全員、お面をかぶりましょう」ということになり、利用者さん、ボランティア、スタッフで赤鬼・青鬼・おかめのお面をたくさん作りました。

 

午後の体操が終わった後、男性スタッフがお面と金棒、虎柄のパンツを身につけて登場!

利用者さんたちも皆、お面をかぶって、豆の入った枡を手に、スタッフの「泣く子はいねがー!」(これは、秋田のナマハゲのセリフですが)の声を合図に、豆をまきました。

 

思いのほか、あっという間にまくのが終わってしまい、皆さんすぐに落ちた豆を拾い集めて、さっそくお茶っこが始まっていました。落花生と一緒にチョコレートと、鬼の絵が入った金太郎あめ、みかんもお配りしましたが、それはおみやげにと大事に持って帰られる方がいらっしゃいました。

ほんの短い時間でしたが、季節の行事は楽しいものだと思いました。

インフルエンザが猛威を振るっていますが、ウイルスの鬼もこの豆まきでオープンスペースから退散したことでしょう。

 

2月にはこの後、13日にお好み焼き大会を企画しています。

ちょっとしたイベントでも、皆さんが楽しみにしてくださって、予定を手帳に書き込んでいる姿を見たり、「うちではこんな風にするよ」「昔はこんな風にしてたね」などとお話のタネになっているのを聞くと、こちらも嬉しくなります。

通常のオープンスペースでのお茶っこを基本として大切にしながら、時折、こうした行事を取り入れて、皆で楽しんでいきたいと思います。

 

クリスマスおめでとうございます

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 12:07

主のご降誕おめでとうございます。

 

石巻ベースでは、一足早く12月22日(土)にクリスマス会を開きました。

今年のテーマは「みんなで作るクリスマス」! 

前回の記事でご紹介したクリスマスツリーのほかにも、手作りの楽しさが詰まったイベントになりました。

 

クリスマス会当日、朝いちばんで、石巻教会の信徒の方からたくさんのケーキをいただきました。毎年、クリスマス会のためにと手作りしてくださっています。盛り付けは、仙台から来てくださったボランティアさんにお願いしました。

「良かったら飾ってください」とお客様が持って来てくださった折り紙のツリーをさっそく添えて・・・

 

お茶をわかし、出し物の準備(スタッフが用意していた出し物に、急きょボランティアさんにもお手伝いいただくことになりました)などをして、あっという間にお昼。石巻の皆さんは出足が早いので、早めにお昼ご飯を食べましょう、と言っていた矢先に、もう一番乗りのお客さんがやってきました。(なんと開始1時間前!)

30分前にはだいぶ席が埋まり、補助イスを出して、60人以上のお客様で、会場は満員になりました。

 

出し物は利用者さんによる「山形大黒舞」、詩吟「雨ニモ負ケズ」「九月十日」、ボランティアさんによる第九の独唱、仙台の青年たちと司祭、シスターによるクリスマスソング、スタッフとボランティアさんによる「大きな木」のペープサートのほか、会場全体を巻き込んで「はねこ踊り」「きよしのズンドコ節」「大漁唄い込み」を踊りました。

 

山形大黒舞 衣装は手作り! お祭り男も一緒に踊っています。

 

詩吟「雨ニモ負ケズ」皆さん目を閉じて聞き入っていました。

 

年末といえば第九! 全国各地の第九コンサートに参加してこられたボランティアさん

 

青年たちによるクリスマスソング。フィリピン、インドネシア、ブラジル、カナダ…と多国籍の合唱隊です。とても盛り上がりました!

 

仮装をした方々に引っ張られて、みんな踊りの輪に加わりました

 

和洋折衷の出し物で、クリスマス会と忘年会を同時にしているような気分でしたが、会場一体となって楽しみました。

 

「大きな木」のペープサートは、スタッフのシスターが「クリスマスにふさわしいお話を皆さんにプレゼントできたらいい」と選んで、スタッフ4人で演じました。「おくさんがほしい」という男性スタッフ(少年役)のせりふに会場から思わぬ爆笑が起きましたが、無償の愛をやさしい言葉で描いた物語で、皆さんが見入ってくださった様子でした。

 

終盤に登場したサンタクロースからは、全国の皆さんが贈ってくださったお菓子をプレゼントしました。

始まったらあっという間の2時間、最後に集合写真を撮って、お開きとなりました。

 

この日が石巻ベース年内最後の活動となり、「良いお年をお迎えください」と皆さんをお見送りしました。

帰りがけに「とっても良いクリスマス会でした」と耳打ちしてくださった方がいて、嬉しくなりました。

終了後の分かち合いで、「子ども心にかえったようで、自分も楽しかったです」「地域の方が主役になっているクリスマス会で、一緒に楽しませていただきました」という言葉がありました。

 

 

温かいメッセージとともに、プレゼントを贈ってくださった皆様、遠方からも盛会をお祈りくださった皆様へ、心より感謝申し上げます。

石巻ベースは新年1月7日(月)から活動をスタートします。

新しい年も、石巻の皆さんと楽しく過ごすことができますように。

皆様、良い年をお迎えください!

クリスマスに向けて

  • 2018.11.30 Friday
  • 10:24

宮城県でも高い山は雪化粧をして、季節は急に秋から冬へと変わりつつあります。

今年は暖冬といわれていますが、たしかに石巻ベースの周りでは、まだトンボが飛び交い、アサガオも咲いています。

とはいえ、もうすぐ12月。

石巻ベースでは、今年は「みんなで作るクリスマス」をテーマに、オープンスペースに来られる皆さんとクリスマスの準備を楽しんでいます。

10月末、スタッフのシスターがツリーのオーナメントを試作すると、手芸の大好きな女性たちがさっそく一緒に作り始めました。天使にサンタ、ツリー、靴下など、フェルトのぬくもりがあるかわいい飾りを見て、周りの方たちも次々に仲間に加わりました。

 

 

「縫い物をしない方にも、気軽に作ってもらえるように」とシスターが次に作ったのは、ふちをギザギザに切った円形のフェルトを重ねて貼り、スパンコールやビーズで飾るリース。「若いころはずいぶんいろんなものを手作りしたけど、今はなかなか手が出ない」とおっしゃっていた年配の方や、いつも野球談議で盛り上がっている男性たちも加わって、思い思いのリースを作ってくださいました。男性たちはいつもにぎやかなのに、この時は集中して無言になり、その様子を見た周りの女性たちの笑いを誘っていました。

 

そして11月下旬になり、少し早いですが、オープンスペースにツリーを出しました。フェルトをつなぎ合わせた大きな壁掛けタイプのツリー、男性たちが貼るのを手伝ってくださいました。

さっそく、皆さんの飾り付けが始まりました。

それぞれ自分が作った飾りを好きな場所につけていただいて、だんだんツリーがにぎやかになっていきます。

飾りが増えるたびに、「いいね〜!」「かわいい!」「一つ一つ違って、それがいいね!」と嬉しそうな声が上がります。

 

クリスマス会が終わったら、作ってくださった方に持ち帰っていただくので、一つ一つ名前をつけてあります。

「これは○○ちゃんが作ったんだね」「これは飾りがいっぱいついて、○○さんらしいね」など、近くで見る楽しみも生まれました。

 

設置して1週間で、ずいぶんにぎやかになりました!

 

飾り作りはまだまだ続いているので、ツリーのみならずオープンスペース中が、手作りの飾りでいっぱいになりそうです。

石巻ベースのクリスマス会は12月22日(土)午後1時からの予定です。

当日、そしてクリスマスに向けての準備期間も、たくさんの方と一緒に楽しめたらと思います。

ボランティアの皆様もぜひ一緒に、楽しい時間を過ごしましょう。ボランティアのお申し込み、ご参加をお待ちしています♪♪

 

*石巻ベース年末年始休業:2018年12月23日(日)〜2019年1月6日(日)

秋の遠足

  • 2018.10.18 Thursday
  • 12:06

10月17日、今年3回目となる遠足に行ってきました。

今回の目的地は、宮城県南の川崎町にあるみちのく杜の湖畔公園です。

 

当日の朝はあいにくの雨で、皆さん傘をぬらしながら、それでもいそいそと集まってこられました。

前回まではバスの席順を自由席にしていましたが、参加される方同士の交流を広げるために、今回はくじ引きで決めることにしました。初めて遠足に参加する方も何人かおられて、新鮮な顔ぶれで出発しました。

 

行きの車中では、ボランティアさんが用意してくださった秋の童謡の歌集を見ながら皆で合唱したり、民謡の得意な方に歌っていただいたり、和やかな時間を過ごしました。

「この歌、若い人は知らないのね」「何歳以下が若い人?!」という鋭いツッコミも飛ぶ車内

 

到着した公園では紅葉が進み、段々畑のコキア(ほうき草)のピンク色、花壇の色とりどりの花がきれいでした。

心配していた雨もこの時間にはほとんど止んで、傘を広げることなく散策を楽しみました。

入場前に、皆さんワクワクしている様子

 

「初めて来た」という方も、「子どもたちを連れてきたのは10年以上前だ!」という方も、あちこちの花に目を留めながら楽しんでおられました。起伏のある園内ですが、80歳以上の方々もゆっくり歩いて、一緒に楽しむことができました。

 

この後、近くの食堂で昼食をとり、物産館でお買い物や珍しいお茶の足湯を楽しんで、帰りの車中では、皆さん満ち足りた様子でウトウトしたり、おしゃべりをしたり、手足の体操をしたりしながら、予定通りの時間に無事、ベースに戻ることが出来ました。

 

あちこちから、いろいろな方の楽しそうな声が聞こえ、良い時間を過ごすことができた、とボランティアさん、スタッフともども安心しました。今回の遠足をきっかけに、新しい交わりが生まれたらいいなと思います。

 

 

秋の石巻ベース

  • 2018.10.04 Thursday
  • 11:55

厳しかった夏が過ぎ、朝晩はだいぶ気温が下がるようになってきました。

地震、台風と自然災害が相次ぐこの頃、石巻でも、被災地の様子を報道で見て、「7年前を思い出す」と心を痛めている方がいらっしゃいます。一日も早い復興を皆でお祈りしています。

 

最近の石巻ベースの様子をご紹介します。

オープンスペースでは、皆さん座っておしゃべりをしたり、手仕事をしたり、ほとんど同じ姿勢のまま過ごしています。「みんなで体を動かせたらいい」というスタッフの提案で、9月から、1日2回、ラジオ体操をすることになりました。

午前11時には第1、午後3時には第2体操をしています。

 

 

時間になると、スタッフの「始めますよ〜」の声がけで、手芸をしている人も手を休め、ボランティアさん、スタッフも一緒に動きます。ラジオ体操の後は、手指の体操。中でも、両手の指をつけて、親指から順にグルグル回す体操は難しく、皆さん苦笑いをしながらも毎日続いています。ラジオ体操の時間に合わせてベースにいらっしゃる方、午後の体操が終わると、一日の日課が終了、といった感じで帰っていく方もいます。「結構効くね!」「すっきりするね」と皆さんの反応は上々です。

 

涼しくなって、そろそろ編み物を始めたくなる季節。

去年に引き続き、横浜AOSへの協力として毛糸の帽子作りと、今年は仙台の聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ会への協力として、指なし手袋作りに協力しています。編んでくださる方々には、「無理なく、楽しくできる範囲で編んでください」と伝えて毛糸を渡していますが、皆さんペースが速いのでびっくりします!  

 

皆の手を借りて、毛糸巻きをしています。

「母の手伝いでよくやらされたもんだ」「私はコタツの脚を使ってやった」などと思い出話が飛び交います。

慣れない男性陣には、そばで見ている人から「息を合わせてやらなくちゃ!」と叱咤激励も。

 

東北の秋と言えば、芋煮会。

9月19日には、オープンスペースで芋煮会と映画会を行いました。

芋煮会では、山形風のしょうゆ味・牛肉入りの芋煮を提供しました。常連の女性お二人が朝早くから手伝いに来てくださり、だしのきいたおいしい芋煮ができました。

 

みんなの連係プレー。

 

ふだんオープンスペースに来られている方々が配膳を手伝ってくださり、60名近い方と芋煮を楽しみました。

「おつゆだけでもいいから、お代わりちょうだい!」と声がかかるほど、大好評でした。

 

みんなで食べるとことさらおいしく感じます。

 

午後からは映画会。35名の方が一緒に楽しみました。

今回の上映作品は「フラガール」でした。

昭和40年代、福島県いわき市の炭鉱の町にできた「常磐ハワイアンセンター」にまつわる実話がもとになっています。

フラダンスショーを成功させるために、奮闘する人々の姿が描かれています。

 

 

芋煮会の後で、お腹いっぱいで眠くなる人がいるかも?と思いましたが、お国ことばの響きも親しみやすく、ドタバタの前半、切ない中盤から感動のラストまで、笑ったり泣いたりで忙しく、上映後には自然に大きな拍手が起こりました。

皆さんうっすら涙を浮かべたまま、「いい映画だった〜」「また映画会やってね」と言いながら帰っていかれました。

 

この後、10月は秋の遠足、12月にはクリスマス会を予定しています。

「みんなが楽しい時間を過ごせるように」、スタッフ全員で話し合いながら、準備をしていきたいと思います。

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カリタス石巻ベース

986-0875
石巻市末広町3-14
ベースへのアクセス
TEL:0225-24-9858
FAX:0225-24-9860

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM